ハイベック Q&A

洗う前のQ&A

その衣類が洗えるか・洗えないかは、素材の種類ではなく、衣類に付いている取扱い絵表示を見て判断します。ドライマークドライマークセキユ系のようなドライマークがついていたら洗うことが出来ますが、のようにドライマークが×になっているものは洗うことが出来ません。

ドライクリーニングの溶剤には、フッ素系・塩素系・石油系のもの等、いくつか種類があります。ドライマークセキユ系のドライマークがついている場合は、ドライの溶剤の中でも「石油系の溶剤を使って洗って下さい」という意味になります。ハイベックの商品は、ドライマークドライマークセキユ系も安心して洗うことが出来ます。

クリーニング店に洗濯物を“ドライクリーニング”に出したとき、水と洗剤の代わりに使用されるのが「ドライクリーニング溶剤」です。ドライクリーニングは簡単にいうと油でお洗濯する方法です。溶剤は、「油性の汚れをよく落とす」ことが出来ます。さらに「生地を膨潤させない」という特徴があるので衣類が型崩れしにくく、「揮発性が高い」ので乾きも早いという長所があります。
ただし油性の汚れには強いのですが、水溶性の汚れは落とすことが出来ません。ドライクリーニングに出して収納していた白いブラウスの背中や脇の下が黄ばんでいた、という経験をしたことはありませんか?汗は水溶性の汚れです。水溶性の汚れは“ウエットクリーニング”でお水を使って洗わないと落とすことが出来ません。従って、ドライクリーニングに出しただけでは汗汚れは落ちていないことになります。困ったことに、汗は最初は無色なので衣類に残っていたとしてもわからないのです。それが時間とともに黄ばみとなって現れてくるのですが、気づいた時には“時既に遅し”ということになってしまいます。
ハイベックのお洗濯は、「2成分系洗浄法」というドライ溶剤のはいった洗剤をお水に溶かして衣類をつけ込む方法なので、油性の汚れも水溶性の汚れも両方とも落とすことが出来ます。

市販の洗剤は主に中性洗剤ですが、ハイベックの商品は、クリーニング店がドライクリーニングで使用しているドライ溶剤を、排水基準・安全性など国の基準に則って家庭で使えるように開発された商品になります。もちろん無リンで蛍光剤も使用していません。たんぱく質分解酵素・脂肪分解酵素が配合されていますので、水溶性、油性の汚れの他に不溶性の汚れも落とすことができます。

着物には取扱い絵表示が付いていないので、洗える・洗えない、という判断ができません。 織り・染めの問題もあり難しい衣類ですので、専門店に出されることをお勧めいたします。 同様に、仕立てられた衣類にも取扱い絵表示がないので判断することができません。余り布があればそれを 試しに洗ってみて、縮み・色落ち等の異常がなければ洗うことができます。

ドライ溶剤で溶けたり剥がれたりしやすいビーズやスパンコール、特殊なボタンが使われている物、プリントが貼り付けてある物、生地に特殊加工が施されている物、皮革製品や本革が部分的に衣類に縫い付けてある物などは取扱い絵表示のドライマークが×になっていますので、洗うことができません。コートのフードなどに付いているファーも本物の毛皮の場合は洗うことができませんので、取り外しができるものはその部分だけ取り外して洗って下さい。フェイクファー(合成皮革)であれば問題なく洗えます。

あります。鉄サビ、カビ、墨汁、インク、染料などです。 その他にも、アイロンで熱処理されたシミやパーマ液等で化学変化を起こしたシミ、日光にあたって黄変したものなども落とすことができません。 また、シミは自分では気付かないうちに付けていることが多いものです。普通のシミでも時間が経つと衣類に定着してしまいどんどん落ちにくくなってしまいますので、着たらすぐ洗う習慣を身に付けるよう心がけて下さい。

ボトルの底面に製造年月日が印字(スタンプ)してあります。未開封の状態で3年、開封後は1年半〜2年を目安にご使用下さい。
(※保管は冷暗所でお願いします)
商品の性質上、しばらく置いておくと中で成分が分離することがあります。使用される前に必ずボトルごとよく振って成分を均一にしてからお使い下さい。また、時間が経つと少し黄色っぽく変色してきますが、成分に問題はありませんので期間内であれば安心してお使い下さい。

前回使用されたとき、フタの周りに仕上げ剤が残っていて、それが固まって開かなくなったのだと思います。ふたの部分にお湯をかけていただくと、緩んで開くようになります。火傷しないように気をつけて、ぬるめのお湯から試されてみて下さい。ご使用後は、ふたの部分をきれいに拭いて閉めるようにして下さい。

洗う時のQ&A

ハイベックで洗う衣類は主におしゃれ着です。そこでハイベックでは「ただ単に汚れが落ちればいいというものではなく、なおかつ美しい仕上がりでなければ意味がない」という考えに基づいたお洗濯の方法を提案しています。確かに洗濯機に入れて回し洗いをした方が、汚れ落ちはさらによくなります。しかし、それではおしゃれ着に相当な負担をかけることになります。ハイベックの洗剤には、おしゃれ着に通常付いている程度の汚れであれば、つけ込み洗いだけで充分落とせるだけの成分がはいっています。
型崩れ、縮み、色落ち、風合いを損なう、といったトラブルを最小限にとどめるために、全体的な汚れはつけ込みで落としますが、部分的な汚れ(例えば襟ぐりや袖口の汚れ、食べこぼしのシミなど)がある場合は、つけ込む前に前処理(専用のブラシと水とハイベックの原液を使って一方方向にブラシ掛けをする)をして落とします。ブラシ掛けの一手間をかけることによって、おしゃれ着を長く清潔な状態で着ることができます。

お勧めできません。ナイロン製の歯ブラシなどでブラシ掛けをすると、繊維を傷つけてしまいます。 ハイベック専用ブラシで一方方向にこすってシミ抜きして下さい。ハイベック専用ブラシは馬のしっぽの毛で出来ていますので、カシミヤのセーターも繊維を傷つけることなくブラシ掛けすることができます。
ただし、シルク、麻、テンセルは擦れに非常に弱く、ハイベック専用ブラシを使っても白けたり毛羽立つ恐れがあります。その場合はこするのではなく、軽く叩くようにしてシミ抜きして下さい。

洗濯機でおしゃれ着を洗う場合は「手洗いコース」や「ドライコース」など、できるだけ水流が弱く脱水時間が短いコースを選んでお洗濯して下さい。また型崩れしないよう、必ず洗濯ネットに入れて洗うようにして下さい。
洗濯機を使用せず、つけ込み洗いをする場合でも、セーターやデリケートな衣類を洗濯する際には、液から引き上げるときに袖の部分などに水の重さが集中的に加わり衣類が伸びてしまう恐れがありますので、ネットを使用されることをお勧めします。

本当です。ドライ溶剤は揮発性が強いので、軽く脱水したあとすすぎを1回していただければ衣類に洗剤が残る事はありません。その場合、たっぷりのお水を使う、もしくは流しすすぎをすることをお勧めします。 一生懸命振り洗いをしたり、2度・3度と繰り返しすすぎを行うと却って衣類に負担をかけてしまい風合いを悪くする原因となります。「すすぎは1回」は必ず守って下さい。 すすぎの水があまりに汚く濁ったら、それは衣類の汚れすぎです。その場合もすすぎでその汚れを落とそうとするのではなく、もう一度つけ込んで洗うところからやり直して下さい 。

レーヨンはお水につけると縮みます。これは素材の性質なので、お洗濯の仕方や使用した洗剤が悪いわけでは ありません。最近は防縮加工が施してあり、あまり縮まないレーヨンも増えていますが、基本的にレーヨンは 縮むと思って下さい。ただし縮んだ場合でも、蒸気アイロンで蒸気をたっぷり与えながら引っ張ると伸ばすことが出来ます。ですからご家庭でお洗濯ができないというわけではありません。レーヨンが入った衣類を洗うときには、必ず洗う前に元の寸法を測っておくか、新聞紙などで型紙をとっておくようにし、縮んだ場合はその分だけ伸ばすようにします。

合成皮革やストレッチ素材によく使われている「ポリウレタン」という素材が原因ではないかと思われます。ポリウレタンには「経時劣化」といって、たとえその衣類を着用せず大切に収納していたとしても、時間とともに劣化してしまうという脆い性質があります。主な劣化原因は、水分、汗、熱、光、蛍光灯からの紫外線、ガスなどで、これらは日常生活していく上で避けられないものばかりです。特にズボンやスカートなどは、歩いたり座ったりしているときに擦れが発生している可能性が高く、より劣化が進行しやすいと考えられます。良心的な製造業者では、取扱い絵表示の注意事項に製造年月日や耐用年数などを表示しているところもありますが、このような衣類は通常3年程度(購入時からではなく製造時から3年です)が寿命だと思って下さい。お洗濯に関しては、ほとんどの場合ドライマークは×ではないので基本の洗い方で洗えますが、できるだけ劣化を促進させないように、汚れがひどくならないうちに短時間洗いをするのが最善の方法です。ブラシ掛けもこすらずに、軽く叩く程度の処理にして下さい。

脂肪酸ナトリウム97%以上の純石鹸を洗面器に角砂糖1個分くらいをカッターなどで薄く削り、ぬるま湯に溶かして振り洗いをします。湯温や石鹸の量などは、様子をみながら加減して下さい。
※初めて洗う衣類は1点洗いをし、色が出ないかどうか確めてみることお勧めします。麻やシルクの鮮やかな色の衣類や外国製品は色が出やすいものが多いので、特に注意が必要です。

ハイベックは最初から最後までお水を使ってお洗濯して下さい。ぬるま湯を使うと縮みの原因になります。 お洗濯による縮みの原因には大きく3つあります。1つめは「アルカリ性の強い洗剤を使う」こと。2つめは押したり揉んだりという「物理的な力を加えてしまう」こと。そして3つめが「温度差」です。ぬるま湯で洗っている間に温度が下がったり、すすぎを普通のお水ですすいでしまったり、干すときの気温差などによって縮みが起こります。
防縮加工が不完全なもの、あるいはレーヨン素材のものでない限り、以上3つのポイントを守っていただいたら、まず衣類が縮むことはありません。

干す時のQ&A

人体の形をしたハンガーで、空気を入れて使用します。一般のハンガーに比べるとかなり厚みがあり、首の角度も人間の自然体での角度に近づけて作ってありますので“着ている感じのまま”衣類を乾かすことが出来ます。また、型崩れの心配がなく、乾きも早いという特長があります。サイズはL・Mの2種類あり、空気をたくさん入れたり少なくしたりして、ある程度厚みの調節も可能です。スカート・ズボンなどもボディハンガーにはかせた状態で乾かす事ができ、とてもきれいに仕上がります。
空気を抜けばコンパクトに収納できるので、旅先に携帯するのにも便利です。
ボディハンガーをお持ちでない場合におしゃれ着を干すときは、タオルを巻きつけるなどしてなるべく厚みを増した状態のハンガーに干すようにし、針金ハンガーのような薄いハンガーは絶対に使わないように注意して下さい。

本当です。風通しの良い日陰が最適です。直射日光に当たると、紫外線で色褪せや生地を劣化させる恐れがあります。衣類だけでなく、ボディハンガーの生地にもよくありません。

アイロンに関するQ&A

最後の脱水を緩めにして(衣類から水がしたたり落ちない程度にお水を含んだ状態が理想)ボディハンガーに干すと、干している間にお水の重さでシワが伸び、冬物の厚手の衣類はほとんどアイロン掛けの必要がないようにきれいに仕上がります。襟や裾など気になる部分だけ蒸気アイロンでしわを伸ばせばいいので簡単です。

ぜひ、ハイベックの仕上げ剤を使ってみて下さい。特に綿・麻100%のワイシャツやジャケットなどは、少し濃い目の仕上げ剤で仕上げてハリを与えておくと、アイロンすべりがとてもよくなり、パリッときれいに仕上がります。

綿・麻素材の場合は、生乾きの状態のときにかけると比較的簡単にかけられます。
その際、アイロンのスチームボタンはドライに設定しておいて下さい。衣類を乾かすようなつもりであいているほうの手で衣類をピンと引っ張りながら、ゆっくりアイロンを滑らせて掛けます。衣類が完全に乾いているようであれば全体に霧吹きをし、ビニール袋に30分程入れてからアイロンを掛けるとシワが伸ばしやすくなります。また、アイロンマークが(イラスト6)の衣類のアイロン掛けの方法は、一般的には「当て布をして下さい」という意味になりますが、当て布をしてアイロン掛けをするのは非常に難しい作業になります。そこで、この場合はアイロンのスチームボタンをスチームに切り替え、蒸気をたっぷり与えて熱い内に掌で縦・横にシワを伸ばし形を整える“浮かせアイロン”という掛け方をします。できればパワーショット機能(ショットボタンを押すとその瞬間たくさんの蒸気が勢いよく出る)の付いたアイロンを使用されることをお勧めします。蒸気をたっぷり与えることが大事なので、浮かせるといっても衣類から離しすぎたら効果がありません。衣類に触れるか触れないか、というくらいまで近づけて下さい。 綿・麻素材のときのように、直接生地にアイロンの重みをのせて滑らせてかけてしまうと、繊維が寝てしまいテカリの原因となりますので要注意です。
どちらの掛け方でも共通して言えることは、掛けた後すぐに衣類を動かさない事です。まだ熱や蒸気が残っている状態で衣類を動かしてしまうと、そこがまたシワになってしまいます。面倒なようですが、少し冷ましてから次を掛けるようにすると一度掛けたところがシワになりにくく、結果的に早くきれいに仕上げることができます。
正直なところ、アイロン掛けは「慣れ」と「道具」によるところ大です。
ハイベックのアイロングッズは、一般のものよりサイズが大きく丸みがあったり、蒸気の抜けがよかったり等、誰にでも、できるだけ簡単にアイロン掛けができるように工夫して作られています。ぜひ試してみて下さい。

もしその衣類にシミがあれば、アイロンで熱処理をしてしまうとシミが定着して染めになり、取れなくなってしまいます。まずきちんとお洗濯をして、汚れを落としてからアイロン掛けをするようにして下さい。

  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

▼洗浄力実験動画
yahooショッピング 楽天 youtube livedoorブログ

営業カレンダー

2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
土、日、祭日はお休みです。それ以外は9時から17時まで営業しています。

モバイルショップ